今月の一押し『ジャックポットシティカジノ』

初心者でも安心!最新版『オンラインカジノ入金・出金について』

オンラインカジノで遊ぶには、本人の情報を登録している入出金口座を作るのが必須となります!

最近のオンラインカジノ入金で人気がある方法は、クレジットカードやエコペイズなどの電子ウォレットでした。しかし、今月上旬でエコカード(エコペイズ発行)のサービスが停止しペイメントブランドの優位性も変動してくると見込まれます。

2018年、現在の最新オンラインカジノ入出金方法や使える電子ウォレットなど徹底解説していきます!!

オンラインカジノ入金・出金の仕組みについて

お店に出向いてのギャンブル・スロットやパチンコなどは、出玉を購入したり換金したりなど全てその場で行えます!競馬や競艇だって同じで、その場で券を買い勝てば換金できます。

しかし、オンラインカジノは海外で運営、展開しているため”日本の銀行から直接振込み”ができません。

では、どうするのか??…….オンラインカジノでの入金・出金にはネット上での手続きが必須です!手続きが完了すれば、リアルマネーを賭けてプレイできるようになります。

また、オンラインカジノへの入金・出金の手続きには、電子決済サービスやクレジットカードなどの金融サービスのサードパーティー(仲介業者)が基本となります。

使える入金方法はオンラインカジノによって異なりますが、「クレジットカード」「電子決済サービス」の2つが主流となります。

出金は「電子決済サービス」「電信送金」などがありますが、手数料の兼ね合いで電子決済サービス」を利用するメンバーが圧倒的に多いです。

最近では、仮想通貨ビットコインやイーサリアムを使った決済が可能なオンラインカジノも増えてきていますが、ビットコイン価格が2018年頭から大幅に下落し不安定な状況ですので仮想通貨での入出金にはコイン価値などのタイミングを見計らう必要があります。

 オンラインカジノ入金・出金各手段のメリットとデメリット

クレジットカード

オンラインカジノでのクレジットカード入金の魅力は何といっても手軽に直ぐ入金ができ、煩(わず)らわしい手続きが一切ないのでのでストレスフリーで利用することができます。

また、個人情報の漏洩などのセキュリティ上でしっかり保護されています!

  • 個人のクレジットカード→カジノへの入金ではない
  • 個人のクレジットカード→サードパーティー(第三者代行機関)→オンラインカジノとなり厳重なシステムセキュリティを介して安全に入金が行われる

デメリットとしては、クレジット発行会社により利用できないカードも多くあります。

以前は、プリペイドカードなどを使ってオンラインカジノで遊ぶことができました!しかし、マネーロンダリングを防ぐために日本のカード会社のチェックが厳重になり、手持ちのカードが急に使用できなくなったという事例もあります。

基本visaカードとMasterカードの入金を許可しているカジノブランドが大半ですが、先の理由から入金ができない場合があるので、発行カード会社元や各カジノサポートに連絡し解決策を探しましょう。

クレジットカードまとめ

  • 即時で入金完了
  • 手続きが簡単
  • 対応していないカードもある
  • 入金のみ対応

オンラインカジノ電子決済サービス

電子決済サービスは、オンライン上で口座を作成し、オンラインカジノの入金・出金の決済ができる手段となります。

電子決済サービスの口座に残高を保有する必要がありますが、この口座を一つ作っていれば各オンラインカジノで入金する時にも利用でき便利です。

快適に楽しく遊ぶためには必須となりますので、早めに作りましょう!!

電子決済メリット

  • 一つのアカウントで入出金を行えるので資金の管理がしやすい
  • ATMからの出金が可能
  • 銀行振込
  • クレジットカードがなくても入金ができる
  • サービス終了の可能性もある

代表的な電子決済サービスが下記の通りになります。

ecoPayz(エコペイズ)

f:id:tm1129:20180901151012j:plain

公式サイト

オンラインカジノ入出金方法で一番有名なのがこちらのブランド。

しかし、2018年8月6日でエコカードのサービスが終了したことで、ATM引き出しが不可能となりました。

エコペイズアカウントから指定の口座に資金を移して現金を引き出す必要があります。

i Wallet(アイウォレット)

f:id:tm1129:20180901151228j:plain

公式サイト

これからのオンラインカジノ入出金での一番手最有力はこのブランドではないでしょうか。

エコペイズと同じくらいオンラインカジノでの取り扱いが多く、アイウォレットカードも発行しており、ATMでの引き出しなども全て済ますことができます。

入金手数料は$50以内なら無料で、それ以上の額なら2%となっています。

Venus Point(ヴィーナスポイント)

f:id:tm1129:20180901151332j:plain

公式サイト

他社と比べても圧倒手数料の安さが魅力なこのブランド。

欠点?はというと、Venus Point口座に入金(ポイント購入)をすることができません。

入金はクレジットカードまたは他の電子ウォレットでして、出金でVenus Pointで口座内に資金をプールして、保有している資金(ポイント)を利用して各カジノで入金することができます。

他の入出金方法と組み合わせて、利用すれば一番手数料を抑えることができるのではないでしょうか。

Bitcoin(ビットコイン)

f:id:tm1129:20180901151514j:plain

最近、色々と世間をにぎわしているビットコインではありますが、オンラインカジノでも取り扱いしているブランドが徐々に増えてきています。

その理由としては、ビットコインの持つ「送金スピードが早い」「手数料が安い」「匿名性が高い」などのメリットがあるからです。

ビットコインなどの仮想通貨を取り扱っているビットイン口座を作り、そこから入出金を行う流れとなります。

既にビットコインを保有している方は、オンラインカジノでの利用も考えてみてはいいかもしれませんね。

アストロペイ

アストロペイ画像

アストロペイカードの利点としては、業界で20年以上の実績がある大手企業であり、口座開設も完全無料です。

近年『ネッテラー』『エコペイズカード』が日本市場から撤退したことで、これからアストロペイを入金決済システムに導入するオンラインカジノが増えてくることが予想されます。

SticPay(スティックペイ)

オンラインカジノ業界でも入金方法として使えるカジノが、これから増えること必至の比較的新しい決済サービス会社です!

ずばり長所は!!『ATM出金ができる』『手数料が安い』『ビットコイン入金がお得』となります。

以前のエコペイズのような使い勝ってができるので、サービス拡大が待ち望まれます。

 

電子ウォレットデメリット

電子ウォレット会社のサービスが終了してしまうことがあるということでしょう。

2016年にNETELLER(ネッテラー)という電子決済サービスのオンラインカジノでの利用が出来なくなるという出来事がありました。

そして、2018年は、エコペイズのエコカードやエントロペイなどもサービスが終了します。

この二つのブランドのサービス終了は、ネッテラー終了のようなインパクトはありませんでした!裏を返せば、全てのブランドサービスが同時終了しない限り、代用の入出金方法が多く存在しているからです。

万が一に備えて、メイン入出金決済手段と別に予備で口座を保有しておいてもいいかと思います。