当サイト限定ボーナス情報公開中!

『マーチンゲール法』オンラインカジノ(ライブカジノ)必勝・攻略法

マーチンゲール

オンラインカジノでよく使われる必勝・攻略法は当然ギャンブルで使うので、100%の必勝法ではありません。

しかし、攻略法の特徴と実践するテーブルゲームとの相性や使う方法・タイミングを工夫することによって勝率を上げることができます。

ギャンブルでわざわざ負けるために遊ぶ人はいないですよね?負けるリスクを最小限に抑えて、コツコツ資金を増やす方法や潤沢な資金から大勝ちするなど様々な必勝・攻略方法があります。

今回は資金に余裕があり、倍々にお金が増えるメリットがある、オンラインカジノ攻略法の中でも特に有名なマーチンゲール法について徹底解説。大きく勝てる=デメリットも存在するので、これから説明していきますね。

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは、とてもシンプルな方法であり、オンラインカジノでの必勝・攻略方法として真っ先に思い浮かぶ方も多いのでは。

また、株や他のギャンブルなど様々なマネーゲームで駆使される手法。

特に配当が2倍(勝率50%)のテーブルゲームで効果を発揮した攻略法で、連敗をどんなに重ねてもたった1度の勝利で利益を得られる攻略法です。

論理的には必ず勝つと言われています!

マーチンゲール法が有効なテーブルゲームは?

勝率50%

 マーチンゲール法の有効ゲームとして、前項もでも触れましたが2倍配当(勝率50%)のゲームで効果的。

  •  ブラックジャック
  •  バカラ
  •  ルーレット(赤・黒 / 奇数・偶数 / 1-18・19-36)

※ルーレットでも、”00″込のアメリカンタイプよりもヨーロピアンやフレンチタイプの方が尚よし。

マーチンゲール法手順・実践方法

マーチンゲール法

マーチンゲール法の具体的な実践方法として、まず10ドル賭けで(予算にあった金額からスタートでも可)ゲームスタートし、負けたら次のゲームで20ドル、更に負けたら次のゲームで40ドル、またまた負けたら次のゲームで80ドルと賭けるを倍々で繰り返し、それを勝つまで実践する。

連敗を重ねても1回の勝ちで、それまでの損益をひっくり返して利益として獲得できる。

ここでは、マーチンゲール法のシミレーションとして2つのパターンを以下の表で見ていきましょう

シミレーションパターン1($10スタートで6ゲームめでの勝利時の推移)

ゲームラウンド ベット額 勝敗 利益
1 $10 負け -$10
2 $20 負け -$30
3 $40 負け -$70
4 $80 負け -$150
5 $160 負け -$310
6 $320 勝ち $640

5ゲームまでに-$310の損失となりましたが、6ゲーム目で勝利したので結果として$10のプラスで終える($640(勝利金とベット額)-マイナス310(損失分)=$10

シミレーションパターン2($10スタートで全敗した場合)

ゲームラウンド ベット額 勝敗 損失
1 $10 負け -$10
2 $20 負け -$20
3 $40 負け -$40
4 $80 負け -$80
5 $160 負け -$160
6 $320 負け -$320
7 $640 負け -$640
8 $1280 負け -$1280
9 $2560 負け -$2560
10 $5120 負け $5120

10連敗の確率はかなり低いですが、$10スタートのシミレーションで全敗すると$10230(百万円以上)の損失がでることになります。

ズバリ!マーチンゲール法のメリットとデメリットとは?

メリットとデメリット

メリット

  1. 連敗しても、一度勝てばプラスになり勝ち逃げできる
  2. やり方がシンプルなので、覚えやすく直ぐに実践できる
  3. 長く遊ぶなら、低額ベットで賭ける(ミニマムベットが低いテーブルを選ぶ)

デメリット

  1. 連敗を想定すると、まとまった資金が必要
  2. 勝つまでの間、気持ちにストレス・不安感がつのる
  3. テーブルの最大ベット額に達すると回収できない恐れがある
  4. 大負けする可能性あり

マーチンゲール法のメリット・デメリットに関しては上記の通りであり、大負けする可能性(全項目のシミレーション2)も起こりえます。

念押しで注意したい点
デメリット3については、各テーブルで一回に賭けられるリミットが決まっているので、資金分を取り返す前にリミット上限にぶつかる可能性があります。マーチンゲール法を実践する前に、必ずテーブルリミットを確認しましょう
重要

これは、マーチンゲール法以外の全ての必勝・攻略法に当てはまりますがオンラインカジノによっては各カジノのリスクマネージメント部署や一般規約に触れる可能性があります。せっかく勝利しても、その勝ち金も含めて資金を没収される事もあるので、実践前に必ず利用規約やカスタマーサポートに確認しましょう

マーチンゲール法の損切りのタイミング

損切り


マーチンゲール法は、よく言われてますが負けたから必勝法ではないとか色々な意見もありますが、もちろんギャンブルなので負ける可能性は必ずあります(口を酸っぱくして何度でも言います(笑))

個人的には、事前の準備が重要になると考えています。具体的には以下の事が当てはまるかと。

  • 事前に予算を決める
  • ゲーム回数を絞る
  • 負けた時の損失や何連敗まで耐えられるかを把握する
  • 絶対に感情的にプレイしない

 

上記のマーチンゲールの損切りを具体的に実践した例としては予算を$500に設定し、最大連敗を5回に設定。

ゲームラウンド ベット額 勝敗 損失
1 $10 負け -$10
2 $20 負け -$20
3 $40 負け -$40
4 $80 負け -$80
5 $160 負け -$160

上記の表のように事前に損失額と何連敗したらマーチンゲール法を一旦やめるなどの設定を必ずしましょう!この場合、$310の損失となりますが、ずるずるいって大きく負けるよりは素直に運がなかったと引くこともギャンブルの鉄則ですね。

この時点で$500(予算)-$310(損失額)=$190(残高)となるので、新たに予算内で組みなおして、マーチンゲール法を実践または他の攻略法やスロットなどで挽回するのが良いと思います。

ですので、最悪$500は負けても想定内と割り切りましょう!

想定外の負けは身を滅ぼします!

様々なマーチンゲル法の種類がある!

最後にマーチンゲールの変則、派生したベット方法がありますので、見ていきましょう。


マーチンゲール法・亜種1

3倍マーチンゲール法とも言われていますが、やり方はマーチンゲール法とほぼ同じですが、負けたゲームの3倍を次のゲームでベットする方法です。
この場合、負けた後のリスク管理が大変になりますが、1度勝てば場合、大きな利益を生み出します。


マーチンゲール法・亜種2グランマーチンゲール法

初めに、負けた場合の基金ベット額に対しいくら上乗せするのか自分で決めます。

計算式
(基金ベット額 )×2倍+自分の設定した追加する任意額
ベット額計算式例:1×2倍+1(基本ベット額1ドル・追加する任意額を1ドルとする場合)

そして、初めに負けた場合、損失2ドル、計算式例で2戦目勝利した場合6ドルとなります。純利益は、6ドルー1ドル=5ドルこの方法の場合、3倍マーチンゲール法と似ていて、1回で損失+利益が獲得可能です。

上記の方法は、マーチンゲール法を既に実践している経験者プレイヤーで、気分転換や新鮮味を求めるかたにおすすめの方法です。

初心者プレイヤーの方には、通常のマーチンゲール法で遊ばれるのが一番良いかと。

ライブカジノを楽し見たい方にお勧めの厳選オンラインカジノ

 

高画質ライブゲームを楽しなら

ベラジョンカジノにアクセス 

圧巻の10種類のライブゲームプロバイダーを堪能するなら

ライブカジノハウスにアクセス

 

マイクロゲーミング直営カジノ

ジャックポットシティカジノにアクセス