『オンラインカジノ合法』でも、インカジは違法!2つの違いを徹底解説

オンラインカジノ合法?

現在、オンラインカジノは合法です…いや、限りなく白に近いグレーゾーンというのが正しい回答かも(笑)

近い将来に、法律で違法になる可能性もないとは100%言い切れません!しかし『現在』オンラインカジノを楽しむ・普通に遊ぶことで『摘発・逮捕』されることはまずないです!

これから、下記の3つのキーワードから何故、オンラインカジノ合法となるのかを論理的に解説します。

  • ライセンス
  • 日本の賭博法
  • 2016年プレイヤー逮捕と不起訴

初心者の読者は、オンラインカジノについての不安や問題を解消できるのでぜひ最後までお読みください。

オンラインカジノ運営には、正規ライセンスが必須

オンラインカジノの正式ライセンスの必要性について

合法なカジノは、正式なラインセスを保有し、海外に拠点を置いて運営をしなければなりません。

その中で各カジノブランドが日本マーケティングをターゲットに、日本国内のユーザーにサービスを提供してます。

運営が怪しくないか見極めるポイントは、まずどこのライセンスを保有しているか?がポイントとなる。

このライセンスは、政府から発行されており、取得するためには厳しい審査をクリアし、ライセンス料を支払わなければなりません。

ライセンスを取得していないなら審査が通らない明確な理由が存在しているので、そこで遊ぶのは非常にリスクが生じるかと。

まず、覚えておきたいのが、オンラインカジノ合法の理由の1つとしてライセンスの保有は必要不可欠』です。

発行の審査基準(難易度)は発行国によって違いがありライセンスを取得していれば安心とは一概に言えません。

ライセンスについて詳しく知るなら下記のページをご覧ください。

安心できる厳格なライセンス・運営している会社

日本の賭博法について

日本の賭博法について

冒頭でも書きましたが現在(2019年9月19日)オンラインカジノ合法であり、限りなく白に近い【グレーゾーン】という表現が適切かと。

日本ではオンラインカジノに関する法整備が施行されていません。そのため日本の法律上、オンラインカジノプレイヤーを裁くことはできないのです。

そもそも、日本賭博法には以下の2種類が存在します。

    • 単純賭博(刑法185条)賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
    • 常習賭博および賭博場開帳等図利(刑法186条)常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

この法律は、あくまで【胴元の摘発がありき】となり、オンラインカジノでは適用されません!

ここでおさらい。

オンラインカジノの胴元はどこでしょうか?

海外の正式なライセンスを保有した運営会社

ですよね。

しかし、2016年にオンラインカジノプレイヤーが【逮捕】されるという衝撃の事件が発生!

ただし、結果的には不起訴となりオンラインカジノの合法性・安全性をより証明することとなりました。

2016年オンラインカジノで起きた不起訴事件

2016年のオンラインカジノ逮捕者がでた事件について

2016年3月日本国内で初めてオンラインカジノを利用していた3名が京都府警に逮捕されるというショッキングな事件が起きました。

そして、3人中2人は、罰金を支払い釈放、残りの1人は裁判を起こし不起訴を勝ち取っています!

元々明確な理由がなく逮捕された方々でしたので。

裁判で法的に不起訴となったことで、オンラインカジノは違法ではない(オンラインカジノは合法)ことが法の判断のもと実証されました。

賭博法に強い津田弁護士の経歴

この事件を担当したのが麻雀プロでもある弁護士【津田岳宏】

経歴は以下の通り。

  • 京都女子大学付属小学校卒業
  • 東大寺学園・高等学校卒業
  • 京都大学経済学部卒業
  • 平成19年弁護士登録
  • 平成26年6月京都グリーン法律事務所を設立
  • 全国麻雀組合総合会顧問
  • IR※ゲーミング学会個人会員

 

メディアでも活躍をされている正に賭博法に精通したエキスパート弁護士です。

また、オンラインカジノ合法を明確にした見解や当時、津田弁護士が事件について語っているブログも要必見!!

インカジは違法

そもそもインカジとは、

実店舗(マンション、ビルの一室)を構えて、違法でお客にカジノ遊戯を提供し、金銭の受け渡しが発生することです。この行為はもちろん、日本の法律上違法になっています!

インカジで遊んでいた場合、賭博法違反で店舗および遊んだ客も逮捕されます。

しつこく言いますが(笑)…..

ユーザーが個人で遊ぶために正式なライセンスを持ったオンラインカジノで登録・遊ぶことは法的に何も違法(裏を返せばオンラインカジノ合法となる)に触れていません!

しかし、アカウントを第3者に貸すなどして金銭を得ることも賭博法違反になりますのでご注意を…

それでは、最後の項目で、安心してオンラインカジノで遊ぶため(自分の身を守る)に気を付けたい点について触れていきます。

オンラインカジノ合法でも、気を付けたいコト

オンラインカジノで遊ぶ上で気を付けたい点について

最低限、以下のような点に気をつけることが大事だと考えています。

  • 日本人専用のテーブルが存在するなど露骨に日本人に特化したカジノは避ける
  • 信頼あるラインセンスを保有しているカジノを選ぶ
  • ブログやSNSでプレイ内容を公開しない

 

先で挙げた項目に触れたからと言って逮捕・検挙されることないでしょう…

今回は、初心者の方がオンラインカジノを始める上で気になるオンラインカジノの合法性・違法性について説明をしていきました。

オンラインギャンブルの特性を知ることや今後の動向(日本のギャンブル法律案)をしっかり把握することでより安全・快適に遊ぶことができると考えています。

また、オンラインカジノ合法に関する重大なニュースがありましたら別記事にて取り上げたいと思います。

 

正式なラインセンスを保有しているカジノ

カジ旅            

ジパングカジノ       

チェリーカジノ         

ベラジョンカジノ       

ハッピースターカジノ     

ジャックポットシティ     

ラッキーニッキー      

ライブカジノハウス      

カジノシークレット        

ウィリアムヒル