今月の一押し『ジャックポットシティカジノ』

カジノで遊べるトランプゲーム『ドラゴンタイガー』解説・遊び方

ドラゴンタイガー

ドラゴンタイガーはカンボジア発祥のゲームで主にアジア圏のカジノで人気のあるトランプゲームです。

とてもシンプルなルールなので簡易版のバカラをイメージしてもらうとわかりやすいです。

ドラゴンタイガーは一般的なイギリス式デッキで52枚を1組とし、6〜8のデック数で行われます。

配られたカードの数字が、龍(ドラゴン)側とタイガー(虎)側でどちらが大きいかを予想するゲームです。

基本ルール

ドラゴンタイガーの基本ルールは、ドラゴンかタイガーにチップをベットし、それぞれ1枚のカードの数字の大きさで勝敗が決まります。

配られたカードの数字の大きさによって勝敗を予測し、結果に応じた配当を受け取ります。

また、ドラゴンとタイガーが引き分けになった場合には掛け金の半分が没収されますが、タイに賭けていれば賭け金の9倍の配当を受け取ることができます。

ドラゴンタイガーのカードの優劣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱← A・2・3・4・5・6・7・8・9・10・J・Q・K →強

キングが最強でエースが最弱となります。

ゲーム進行

ドラゴンタイガーも、テーブルごとにベット額の上限と下限が設定されているので、個人の予算に見合ったテーブルを選びましょう。

テーブに入ったら、ベットタイム内に罫線(画面右上)からゲームの流れを読み解いたり、直感でドラゴンかタイガーまたはタイにベットを置きます!

「ノー・モア・ベット」という掛け声が聞こえたら、ベットが締め切られ、ディーラーがドラゴンとタイガーにそれぞれカードを1枚ずつ配布します。

ディーラーがドラゴンからタイガーの順でカードをめくり、見事に予想が当たれば配当獲得となります。

勝負結果はわずか3-4秒とゲーム展開が早く、一瞬で勝敗結果がでます!

バカラのように遊べて、時間短縮を好むプレイヤーやこれからトランプゲームを始めたい初心者プレイヤーにもおすすめです。

ベット箇所と配当

予想を的中させていたら、ベットした額に応じて配当が得られます。タイであれば掛け金の9倍となり、それ以外の場合には掛け金の2倍のを獲得できます。

予想を外せば、掛け金も全額没収となりますが、ドラゴンとタイガーが同じ数字の場合には、掛け金の半分が手元に戻ります。

ベットは、以下の箇所に賭けることができます。

ベット箇所 配当額
ドラゴン 2倍
タイガー 2倍
タイ 9倍
ドラゴン(ビックまたはスモール) 2倍
タイガー(ビックスモール) 2倍
奇数 2倍
偶数 2倍

 

最後に

ドラゴンタイガーは、有名なテーブルゲームのバカラ、ブラックジャック、ルーレットと比べて、ルールがシンプルで気軽に遊べます。

それでいて賭ける箇所が多かったりと、なかなか奥が深いトランプゲームとなっていますので、遊ばれたことのない人は是非、ドラゴンタイガーを試してみましょう!

ドラゴンタイガーが遊べるオンラインカジノ

カジ旅                     

チェリーカジノ          

ベラジョンカジノ