当サイト限定ボーナス情報公開中!

何でオンラインカジノだけ税金がかかるの?理由と確定申告の手順について

カジノ税金

取得税・健康保険料・住民税・厚生年金保険料・雇用保険やFXや仮想通貨などの臨時収入など税金は、生きていくうえで切っても切れないものです。

税金のことを把握していなかったことによって、一気に支払い催促がきたりして、大変な事態に陥る方もいまね。

なんで、こんな話をこんなサイトでしているの?関係ないだろうっと思い読んでいるあなた!実はオンラインカジノで稼いだお金も税金対象となるんです!!

このページでは、オンラインカジノにかかる税金のこと、確定申告の際の課税金額の算出方法、必要な書類などについて詳しく説明していきます。

あわせて読みたいオンラインカジノの法律について

オンラインカジノで得た賞金は一時所得で課税対象

一時所得のギャンブル

冒頭でも説明しましたが、オンラインカジノで稼いだお金には税金がかかります

何故、税金がかかるのかと?言うとギャンブルで稼いだお金は法律的に一時所得とみなされ、課税対象として支払い義務が生じる。

一時所得の定義については下記の通りである。

1 一時所得とは

 一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
 この所得には、次のようなものがあります。

(1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
(2) 競馬や競輪の払戻金
(3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
(4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)
(5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

引用元:国税庁サイトNO1490

オンラインカジノで稼いだお金は、上記の(1)懸賞や福引きの賞金品(2)競馬や競輪の払戻金に該当するため課税対象となります。

上記の画像を見れば一目瞭然ですが、パチンコ・競馬・競輪・ロットでの利益(賞金)でも税金を払う必要があります。

でも、パチンコなどのギャンブルの利益で税金を払っている人を見たことがありますか?答えは、NOでしょう(払っている真面目な人がいればスミマセン)

何故オンラインカジノだけ税金がかかるのと言いますと、勝利金の受け渡し方法に違いがあります!次項目で、その点についてじっくり解説していきます。

オンラインカジノだけ税金がかかる理由

前項目で、オンラインカジノ以外のギャンブルでも税金がかかることは理解しましたね。では、オンラインカジノだけ税金を払わないといけない理由(法的にかいくぐれない)として、お金の受け渡しの流れが残るからです。

パチンコ・競馬などの場合

パチンコや競馬は賞金を換金所を介して現金で受け取りますので、銀行などの記録に残りません。そうなると、お金の流れを税務署側が把握、取締りが難しくなり、見逃されているのが現状(宝くじは例外で、あらかじめ税金が天引きされ付与)

オンラインカジノの場合

オンラインカジノの勝利金は、銀行振り込み(アイウォレットなどの電子ウォレットを介して)引き出すのでお金の流れが記録に残る!

そうなると、税務署側がお金の流れを容易に把握できるため、税金を支払う義務が生じます。

そっか….逃げらないのか、じゃあ支払うから『一時所得の算出方法』『課税対象の金額把握』などどうするのかを次項目で説明していきます。

決して、逃げられないのか….じゃあ、『法的な抜け穴を探そう』とはならず素直に払いましょうね😂

オンラインカジノの税金(一時所得)の算出方法

オンラインカジノ税金算出方法

オンラインカジノには、一時所得税金がかかるのであれば、その金額はどのように計算すればいいのでしょうか。

まず は、明確な一時所得の金額を把握する必要があります。では、一時所得の計算方法から確認しましょう。

一時所得の算出方法
『一時所得』=『収入金額』-『支出金額』-『特別控除額 (最高50万円)』

上記が、一時所得の計算方法となり、一時所得の場合は最大50万円の特別控除を受けることができるので、その分は引きましょう。

注意
オンラインカジノで1年間の間で得た利益が50万円を超えない場合は、税金を払う必要は無し

更に気をつけなければならないのが、この支出金額に損失額は含まれないということです。

それでは、下記の例と共に算出しましょう。

  • 3月1日50万賭けて200万勝ち
  • 3月4日100万賭けて150万負け
  • 3月20日20万円賭けて40万円勝ち

損失額には、3月4日の150万負けは含まれません。税金的には、勝ったときの支出しか支出金額にはならない。要は、勝つたびに課税されると考えましょう。

240万円(支出金額)-50万円(特別控除額)=190万円×1/2(一時所得×1/2)=95万円(取得税)

190万円全てが課税対象になるわけではなく、一時所得金額の2分の1が課税の対象となる。つまり、今回の例だと95万円が税金の課税対象となります。

ですので、一年トータルの収支で考えないでください。一気にまとめて税額を計算すると、負けた額や正しい一時所得金額が算出しにくいので、収支はなるべくこまめに記録しましょう。

税金発生のタイミング

税金のタイミング

毎年1月1日~12月31日のちょうど1年間に得た収入を、翌年の2月16日~3月15日で確定申告をします。

申告は前年度の1年間が対象なので、申告する新しい年の1月からの収入は計算に入れない。

確定申告の手順と必要書類について

確定申告必要書類

確定申告を行うときに、必要となる書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、企業から受け取る)
  • 支払調書(オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)
  • 確定申告書(税務署または国税局のホームページからダウンロード)

上記書類の中で税務署に対して提出義務があるものは確定申告と源泉徴収票のみ。集めた書類をもとに必要事項を記入し、税務署に提出しましょう。

万が一に備えて支払調書および経費の領収書(300万以上なら)も揃えておくと完璧かと。納付書を受領後、確定した源泉所得税を明記し、3月15日までに支払いを済ませましょう。

サラリーマンは「普通徴収」を必ず選ぶ

サラリーマン必須

企業勤めのサラリーマンの方達に気を付けてもらいたい事があります。

注意
確定申告書の2面、『給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法』という欄の『普通徴収』にチェックを入れる

ここにチェックを入れなければ、勤め先の会社に住民税徴収票が届いてしまいますのでご注意を。

以上が、オンラインカジノで得た一時所得した税金を税務署に納める流れとなります。

 

今回のおさらい

長々と書きましたが、今回のオンラインカジノ税金から確定申告手順でザッとまとめると下記項目をしっかりと把握しておけば安心ではないでしょうか。

  • オンラインカジノの賞金には税金がかかる(一時所得扱い)
  • 他のギャンブルは換金所で直接現金を貰えるがオンラインカジノはお金の流れが、銀行に残るので税務署も把握できる
  • 税金の算出方法は『一時所得×1/2』=『収入金額』-『支出金額』-『特別控除額 (最高50万円)
  • 必要書類は源泉徴収票、支払調書、経費の領収書、確定申告書(提出必須は源泉徴収票、確定申告書)
  • 収支はなるべくこまめに記録

オンラインカジノで50万円以上勝たなければ、税金は発生しませんが、どうせ払うならジャックポットを当てて納税ぐらいいくらでも納めてやるよ!っと強気にいきたいですね。

でも、その時の源泉所得税は恐ろしい桁になってて気分がダダ下がりしそうですが😂