今月の一押し『ジャックポットシティカジノ』

オンラインカジノは安全?運営ライセンスと監査機関について

オンラインカジノ運営ライセンス

海外でオンラインカジノを運営するには、国や政府から発行された正式な運営許可書(ライセンス)を取得する必要があります。

ヨーロッパ、アジア圏を中心に多くのオンラインカジノがあり、中にはライセンスを取得せずに違法に営業をしている会社も存在しています。

そのため、プレイヤーが安心して遊ぶ絶対条件として、オンラインゲーミングを正式に認めている、運営許可書ライセンスを保有しているオンラインカジノである事が必須となります。

私自身いくつかのオンラインカジノに登録してプレイしてますが、登録前にライセンスは必ず確認するようにしています。

オンラインカジノのライセンスを発行している国(政府)は世界に20箇所以上あり、それぞれの基準に従った審査が行われており、厳格に以下のような審査が行われています。

  • 運営側の資金力
  • 運営側に十分な経営能力がある(従業員などの管理体制が整っている)
  • ゲームの公正さを確保する信頼できるソフトウェアの提供
  • ビジネスコンプライアンスの確立
  • マネーロンダリングなどの様々な不正行為を断つまたは関連性がないかの証明

審査機関は3か月から半年以上かかる場合もあり、審査期間中はカジノ運営を行うことができません。

そして、晴れて問題がないと認められた運営会社は、国(政府)にライセンス料を支払いオンラインカジノ運営を始動することができます。

ライセンス料について、詳しい金額はわかりませんが、最低5千万から1億以上のお金が動くと言われています!

厳格あるライセンスは比較的高い傾向があるかと予想できますね!更にソフトウェア会社への契約金なども発生しますので、オンラインカジノを運営するには莫大な初期費用が必要となってきます。

下記にライセンスを発行している国をまとめてみました。

EU・ヨーロッパ系 カリブ海諸国 中南米 その他
アイスランド アンティグア(イギリス連邦加盟国) コスタリカ オーストラリア北方領
イギリス(UK) ドミニカ パナマ カナダ モホーク政府
オルダニー島   ベリーズ カナワケ(カナダ)
キュラソー島(オランダ領)     フィリピン
ジブラルタル(イギリス領)      
マン島      
マルタ共和国      

国としてはラインセンス料やゲーミング税といった莫大な利益を確保することができるので、発展途上国を中心に甘い審査基準でライセンスを発行する国も存在しています。

このためライセンスをもっていれば安心して遊べるというというわけではなく、ライセンスによりけりでカジノ自体の信頼性にも差があります。

上記の中でしたら、コスタリカ、パナマ、ベリーゼあたりの中南米の国々が発行しているライセンスは、まだまだ信頼性に疑問が残ります。

実績と信頼を兼ね備えているのがEU系のライセンス(イギリス、マン島、ジブラルタル、マンタ等)となり、ライセンス取得が非常に厳しいと言われています。

次の項目では、信頼できるライセンスについて紹介します。

信頼できるライセンス

United Kingdom = the Gambling Commission UK(イギリス)

Gibraltarライセンス (ジブラルタル)

mgaライセンス (マルタ)

Pagcorライセンス (フィリピン)

信頼性の高いオンラインカジノほど「厳しい発行政府のライセンス」を取得しようとしています。

そうすることが信頼性の証、ユーザーへのアピールに繋がるからです!

ちなみに、当サイトがおすすめするオンラインカジノのライセンス発行元は下記の通りです。

North Cagayan Gaming:フィリピンのライセンスとなりこちらも国が発行した正式なライセンス保有となっています。

ライセンス取得理由

オンラインカジノの運営にライセンスが必要な理由としては、やはり大金が動くからです!

運営者に資金がなく、そのカジノが潰れた時にメンバーの資金が支払えない状況、ゲームの公平性や保つ義務を守らない(イカサマ行為)、マネーロンダリングなどの違法行為に利用されたりと様々トラブルを未然に防ぐため!

オンラインカジノの運営には厳しい審査をくぐり抜けたという証であるライセンスが必要です。

公平な監査機関

先で挙げたゲームの公平性はいかにして保たれているのか?ライセンス同様に監査機関なるものが存在します。

会社と関係のない「第三者機関」が定期的に公平で健全な運営が行われているかのチェックを行います。代表的な捜査機関としてまして下記に記載いたします。

TST(Techin ial Systems Testing)

ゲーミングソフトウェアの公平性をチェックする監査機関であり、もとはラスベガスなどランドカジノのスロットマシンやアメリカの宝くじの監査を行っていた監査機関として実績があります。

ソフトウェアの公平性が守らなければ、イカサマなどの不正行為が横行してしまいます!そういった不安を取り除くために、TSTの審査をクリアしたオンラインカジノなら安心ですね。

eCOGRA(イーコグラ)

eCOGRA(イーコグラ)は、オンラインカジノの公平性をチェックする非営利団体(NPO)です。

オンラインカジノビジネスがスタートして間もないころは、運営会社とプレイヤーとの間に明確なルールがありませんでした。

その結果、「ここがおかしい」「ルール違反だ」と指摘することができず(指摘しても無視される)、プレイヤー側は泣き寝入りするしかありませんでした。

その後、「プレイヤーの保護」を目的にeCOGRA(イーコグラ)が設立されました。

第三者の公平な立場からオンラインカジノに関する基準を設け、この基準に基づきオンラインカジノを審査します。

この審査も厳しいことで有名であり、実績あるライセンスを取得している良質オンラインカジノでさえ落とされることもあります。

また、一度審査をパスしても定期的に監査されるので、認定をはずれることがありません!

ですので、継続的にeCOGRA(イーコグラ)の認定を受けているオンラインカジノは信頼できるといえるでしょう。

オンラインカジノを安心して楽しむためにも、第三者機関による監査を受けているかどうかはチェックしておきたい項目の1つです。

まとめ

・mgaライセンスや Pagcorライセンスなど実績があるカジノを選ぼう!

・中南米発行ライセンスの信頼、実績度はまだ低い

・ゲームの公平性やプレイヤーの資金を守るための監査機関が存在する

安心に遊ぶなら人気、信頼あるイケてるオンラインカジノで遊びましょう!

ベラジョンカジノ      

チェリーカジノ          

ハッピースターカジノ

カジ旅