今月の一押し『ジャックポットシティカジノ』

オンラインカジノは2度死んだ!?2016年の衝撃2つの事柄

オンラインカジノは潰れない説明画像

あの時、オンラインカジノは二度死んだ!?

2016年は、日本のオンラインカジノプレイヤーを騒がせた2つの出来事が起こりまた。当時を、知っている身としましては、オンラインカジノマーケットの規模が以前より拡大している現状に感嘆しています。

それでは、その時起きたを事柄を、改めて振り返ってみましょう。

1:国内初の日本人プレイヤー逮捕

2016年3月日本国内で初めてオンラインカジノを利用していた3名が京都府警に逮捕されたとの衝撃のニュースが飛び込んできました。

以前の記事でも軽く触れましたが、もうオンラインカジノは終わったっと思いました。

何故かというと、正式なライセンスを発行している海外に拠点を持つオンラインカジノで登録して遊んでいただけで、捕まってしまったんですよ?それを最初に聞いたときに

「あ、自分もやばい」と感じました(笑)

でも、状況を知れば少しずつ、逮捕者たちは自分とは違う立場にいることが明白になってきました。

【スマートライブカジノ】

f:id:tm1129:20180812145015j:plain

英国に拠点を置くオンラインカジノで逮捕された3人が利用していたカジノです。

このブランドは事件後、数か月後に、倒産しましたが、上記の画像は通常に営業していた当時の画像となります。

では、何故?数多くのカジノが存在している中で、スマートライブカジノが警察に目をつけられたのか?ヒントはこの画像の中にありました。

日本人ディーラーの存在

画像をよく見ると【史上初!日本人ディーラーカジノ】との記載がありますね。

f:id:tm1129:20180812145551j:plain

これが、どうやら問題だったそうです。京都府警としては2015年末にはこの情報を把握しており、逮捕に向けて準備をしていたとの情報があります。

警察の見解としては、日本人ディーラーとこの営業時間=日本人だけをターゲットにしたカジノとの判断を下し、逮捕に至りました。

スマートライブカジノ経営陣も日本でのマーケット活動の目玉として取り入れたキャンペーンの一環だとは思いますが、裏を返せば露骨な日本人客の獲得を促していると考えられても仕方がない部分もあるかと。

また、法律で違法性がない(グレーゾーン)ので、今回のような騒動にはならないと考えていたかもしれません。

逮捕された3人について

前述でも書きましたが、法律的にグレーゾーンで、起訴理由なく逮捕に踏み切ったために見せしでの逮捕と囁かれています。

起訴理由がなかったと世間に認識させる事が起きました。

逮捕された3人の中の1人が不起訴を勝ち取りました。

不起訴を勝ち取った人以外の方は、罰金を選んでこの事件に終止符を打ちました。

※裁判で争う時間を考えたら、楽な方(罰金)を選んで保釈を選ばれる方がいるのも必然かと思います。

2:ネッテラーが日本からの撤退

ネッテラーとはオンラインカジノなどで使える電子ウォレットで当時オンラインカジノで遊ぶなら必須と言われ、各オンラインカジノでも一番入出金で使われていたカードです。そんな大事なカードが日本から2016年9月で撤退する!と知ったときは、またまたオンラインカジノは終わった(笑)となりました。

確かアノ時は、iwallet、ヴィーナスポイントができて間もない?(なかった)時なので

みんなが一斉にエコペイズに登録したのではないでしょうか。

※エコペイズも今年の2018年8月6日をもってエコカードのサービスが終了しました。

結末と現在

2016年に国内初の逮捕者が出たオンラインカジノと当時シェア率No1の電子ウォレット閉鎖というオンカジプレイヤーには衝撃的なコト2連発でした(いろんな意味で心臓が痛かったです)

前者に関しては、不起訴となったことで、法律の改正など大きな進展がない限り、危険な状況にさらされることはないでしょう。

そういった意味では、現在の方が安心、安全に、オンラインカジノを利用することができる環境が整っているのではないでしょうか。今の状況を生み出した、不起訴を勝ち取った方には心から賛辞を贈りたいです。

後者に関しましては、幸運なことにネッテラーと同じようなサービスを展開していたエコペイズやiwallet、ヴィーナスポイントが頭角を現し、難なく乗り越えた印象をもっています。しかし、そのエコペイズが発行しているエコカードが使用停止となった今。

2016年の事柄とは順番は逆ですが、何かがオンラインカジノで起こる前兆なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です