今月の一押し『ジャックポットシティカジノ』

人気オンラインカジノへの道『ブランドマーケティングの巻』

人気オンラインカジノになるには理由がある!

数多くの日本をターゲティングにしたオンラインカジノが存在しています。

次々と新しいブランドが誕生しては、その陰で日本向けサービスから撤退しているカジノがあるなど移り変わりが早い業界とも言えます。

では【人気オンラインカジノの理由】【長年続いているカジノの秘訣】などお客を離さない愛されているカジノには何があるのか?その理由を超イケ独自考察で解明していきます。

今回は、自身の仕事上での経験を基に、オンラインカジノ業界に視点を切り替えて個人的見解から人気オンラインカジノに迫っていきます。

基本となるアクションは、ターゲット層と業界が違えど、全ての業界に通じると考えています。

マーケティング

オンラインカジノという取り扱う商品が同じだとした時に、どうやって他ブランドと差別化を図るかがマーケティング面で重要だと思います。

「同じ行動」「同じサービス」をしていては二番煎じ(にばんぜんじ)となり、後追い感がでるのは否めないかと。

人気オンラインカジノを目指す上で(会社として)、自社のストロングポイント明確に定め、世に知らしめないといけない。

仮に、無策で挑めば、多くあるカジノブランドの中の一部になるか、数年後には消滅するであろう。

では、どうするのか?

最初に大事なのは、ブランドマーケティングだろう。

ブランドマーケティング

かみ砕いて伝えると、その会社の方向性を明確に定めることである。

「新しい価値の創造」「潜在的なニーズの発掘」「心理的価値による差別化」など戦略アプローチは多岐多様かと。

例えば、先であげたストロングポイントで一番手っ取り早いのが、他社にはない”独創的なサービス”や”革新的なアイディア”を生み出すことです。

これは「新しい価値の創造」にカテゴライズされています。

しかし、アイディアが簡単にポンポンと生まれていたら、消費者(お客)も展開が早すぎて疲れるのではないでしょうか(笑)それぐらい、一朝一夕で生まれるものではないことも頭の片隅にでも置いといてくだい。

実例1:ベラジョンカジノ

「潜在的なニーズの発掘」「心理的価値による差別化」を用いた方法。

このカジノの強みを見ていると真っ先に思い浮かぶのはモバイル対応、キャラクターの2点ではないだろうか?

これは「潜在的なニーズの発掘」として、これからモバイルユーザーが増えると見込み、そこに向けて明確な行動を示したことが今のモバイルプレイならベラジョンというイメージを植え付けているのではでいでしょうか。

もちろん、宣伝文句を謳う(うた)ことはどこでもできます。それを実際に成立させる企業努力があることも忘れてはいけないでしょう。もう一つのキーワードでもあるこの

キャラクター⬇

f:id:tm1129:20180825195645j:plain

これもブランドマーケティングの一環です。このキャラクターを見ると一目でベラジョンカジノだと認識され、他カジノと違う特色を生み出すことができます。

その結果「心理的価値による差別化」により、キャラクターやブランドとしての信頼性がグッとあがり、お客がオンラインカジノブランドを選ぶ際に大きなアドバンテージとして価値を高めることができます。

Vera&Jon(ベラジョンカジノ)オンカジの神様が愛した編

実例2:チェリーカジノ

「潜在的なニーズの発掘」「新しい価値の創造」を用いた方法。

また、キャラクター??といえるのか難しいですが(笑)チェリーカジノも強烈なインパクトを残していますね⬇

f:id:tm1129:20180731173209j:plain

チェリー🍒をたた被せただけの一件無茶苦茶なブランドマーケティングに見えるかもしれませんが、見事なのが、カジノ業界で50年以上の歴史をもつという企業が作り出したカジノだということです。

一番手早く、消費者に安心感を植え付けることができるのが”実績”です。

それをを備えた企業だからこそできるマーケティング方法であり、歴史ある企業の「新しい価値の創造」という役割も果たしています。

この方法を、歴史がないあるいは数年の企業が打ち出したときにチェリーカジノと同じ評価を得られるか問われると、答えはNoと考えています。

また、独自路線ボーナスが非常に多く、ユニークな名前のボーナスを多数あります。

例を一つあげると、”水曜日にかけろ”という水曜日限定ボーナスなど名前とバナー(画像)のインパクトでメンバーを楽しまそうとする工夫がある。

f:id:tm1129:20180731200611j:plain

こちらも、「新しい価値の創造」として、今までのオンラインカジノにはない取り組みをしているのではないでしょうか。

実例3:カジ旅

「新しい価値の創造」を用いた方法。

これまで、世の中にまったく存在していなかった機能や物などの価値を自ら生み出すことであります。アップル製品のiPhoneがこれに当てはまります。

さて、カジ旅ではオンラインカジノでありながら、RPGとの融合を試みた「新しい価値の創造」を生み出しサービスで他社との差別化を図っています。

コンセプトにもあるように、北欧のゲーム愛好家たちが作ったカジノブランドらしく随所にRPG要素をちりばめています。

例えば、最初は遊べるゲームが少なく、レベルを上げていくと遊べるゲーム数が増えっていったり、条件を満たすと”ボス”とバトルすることができます。

そして、勝利すれば実際に利用できるフリースピンが獲得できるなど、このカジノででしか味わえな唯一無二の楽しみがあります。

スマホゲーム好きのユーザーなど新たな客層を取り入れらる素晴らしいマーケティング手法かと。

このアイディアがお客に幅広く受け入れられたことで、人気オンラインカジノとしての地位を着実に上りつめているのではないでしょうか。

カジ旅『RPGとオンラインカジノ業界の極み編』

「心理的価値による差別化」とは、製品・サービスの中身ではなく、それらが持っている印象やイメージなどの心理的な要素に基づいて顧客に選択してもらうというアプローチである。

実例4:ハッピースターカジノ

ハッピースターカジノでは、毎日定番ボーナスを利用して、お得に遊ぶことができる。

オンカジボーナスは、ハッピースターカジノ以外の他ブランドでも展開しており、ボーナス=お客へのサービスとして浸透しています。

基からあるボーナス(サービス)に色を付け、他カジノとの違いを毎日同じボーナスが利用できるように変更したり、昼と夜で受け取れるボーナス内容が違うなどお客の好みに合わせた幅広いボーナスを展開しています。

既存のものに、自社カジノの強みを取り入れた戦略が垣間見れます。

ハッピースターカジノ『輝くオンラインカジノの一番星編』

締め

人気オンラインカジノになるための戦略的マーケティングの手法の一つブランドマーケティングに今回は焦点を当てました。

あくまで、個人的観点、経験から各カジノ長所や特色を独自考察していました。

実際には違うことも多々あるかもしれません。

いや、あるでしょう(笑)

あくまで、個人的な視点からなので……各カジノ担当者様、もし間違っていればお手やわらかにお願いします(笑)

 ローマは一日にして成らず人気オンラインカジノ一日にして成らずではありませんが、

やはり愛されるブランドになるには、長期的プランを見据えたブランドマーケティングが必要不可欠かと。

業種が違えど、世間一般で特定の業界で有名、人気がある企業はブランドマーケティングをしっかり行っているので、この記事を読み終わった後に、意識して見てみるのもいいかもしれませんね。

今回の記事で触れた人気オンラインカジノ一覧

ベラジョン

チェリーカジノ

ハッピースター

カジ旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です