『ブラックジャック』ルール・用語・遊び方まで徹底解説

ブラックジャック説明

ライブカジノゲーム『ブラックジャック』について詳しい方、興味がある方、ない方!

テーブルゲーム全般のイメージってかなり難しそうとか、ゲーム内容がイマイチ理解できなくてオンラインカジノでライブカジノゲームを避けている方もいるかと思います。

個人的には日本のパチスロの方が圧倒的に難しいです(笑)

さて、話を戻しますが、ブラックジャックの起源は18世紀にフランスで流行したカードゲーム、【ヴァンテアン】というゲームが元になっているといわれてます。

【ヴァンテアン】とはフランス語で「21」という意味で、ブラックジャックの起源と言われる由来ですね。

19世紀に入り、アメリカでボーナス制度が導入されましたそうです。

「21」の組み合わせの中でも特に【スペードのA+ジャック(J)の黒スペードかクラブ】が高配当になるシステムでした!

そこから【ヴァンテアン】は【ブラックジャック】と呼ばれるようになりました。

今回は、深い歴史を持つブラックジャックについての基本と遊び方を学んでいきましょう!

ブラックジャック基本ルール

ブラックジャックの勝敗はシンプルで、プレイヤーとディーラーの手札の合計数が「21」に近い方が勝ちというルール。

このようにルール自体は簡単ですが、次に出るカードの予想や手札の状況に応じたアクションなど奥深いゲームでもあるんです!

最初にディーラー側とプレイヤー側、各々にカードが2枚配られます。その後は、必要に応じてプレイヤーがアクションを行います。

カードの数え方

Aには、1または11として使うことができる。自分の手札にあればスプリットを行い大きく勝てる可能性もあります。

逆にディーラー側にAがあると負ける可能性も高くなることを頭に入れておきましょう。

トランプの数字加算方法
2から9同じ数加算されます。
10から絵札(J 、Q、K)10として加算
A(1)

1または、11として加算

(任意で選択可能)

4つのアクション

プレイヤーがゲーム進行中に使えるアクションは以下の通りです。

  • ヒット:カードをもう一枚引く
  • スタンド:カードを引くのを止める(その手札で勝負)
  • ダブルダウン:掛け金を倍増してもう一枚だけヒットする
  • スプリット:最初に配られた2枚のカードが同じ数字の場合にそれぞれのカードを2つの手に分ける

※お互い21の場合、手札の枚数が少ない方が勝利となります。

合計した数が21を超えると自動的に負け(バスート)となります。また、プレイヤーには様々な選択肢がありますが、ディーラーには一切の選択肢はありません。

特定の場面で使えるアクション用語

  • サレンダー:降伏する事。サレンダーを選択すると、その時点でベット金額の半額が返却

  • ブラックジャック:最初の2枚でカード合計が21の場合、賭けた金額の1.5倍の配当(2.5倍の払い戻し)

  • インシューランス:ディーラーの初手(オープンカード)がエースの場合に、ベット金額の半分を「保険」として差し出す事。

 

※ディーラーがブラックジャックだった場合は、ベット金額とインシューランスの金額の合計が返ってきます。

しかし、ブラックジャックでなかった場合は勝敗にかかわらずインシューランスのチップは没収されます。

ゲーム進行

  1. ベット確定:プレイヤーが賭けたい金額をベットする。
  2. カードを配る。

    ディーラーとプレイヤーへ2枚のカードが配られます。※プレイヤーは2枚ともカードの中身が公開され(オープンカード)、

    ディーラーは1枚だけオープンされ、もう1枚は裏向きで見えないようになっています。この時に、インシューランス・サレンダーを行うことが可能です。

  3. アクションの決定:主に行えるアクションは、上記の用語集をご参照ください。

    プレイヤーは自分に配られた2枚のカードの合計した数とディーラーのオープンカードを比較した上で、ヒットやスタンドのアクションを決定します。

    先であげた、4つの基本アクションから適切なものを選んでいく事になります。

  4. アクションの結果、プレイヤーが21を超えてしまった場合はバースト(負け)となります(21を超えなかった場合はゲームが進行します)

ディーラーのもう1枚の裏向きのカードが開示されます。その後、一定の法則に従ってディーラーにカードが配られます。

ブラックジャック総括

ブラックジャックの基本・遊び方についてご理解頂けましたでしょうか?

遊び方が分かれば、非常に楽しく戦略的に遊べるカードゲームとしてライブカジノでも人気のゲーム。

運の要素も絡む場面もありますが、プレイヤーの選択次第でゲーム結果が大きく左右されます。

また、ディラー自身は規則に沿ってカードを引く(引かなければならない)・2枚目に出る数字は10が高いなどを把握しアクションを行う必要があります。

詳しくは、ブラックジャックのベーシックストラテジー記事で説明。

あわせて以下のブラックジャック必勝法も駆使し勝率をより高めよう!!

1マーチンゲール法

2パーレイ法(逆マーチンゲール)

3モンテカルロ法

テーブルの相性やディーラーとの相性を考える方もいらっしゃいますがディーラーはゲーム進行が決まっている為、余り深く考えなくてもいいと思います。

※本当に合わないと感じたら、即テーブルを変えるか、ゲームを変えましょう!

知識と戦略、経験を駆使して、自分なりの勝利の方程式を構築してみてください。

ブラックジャックが遊べるオンラインカジノ

カジ旅                      

チェリーカジノ         

ベラジョンカジノ      

ハッピースターカジノ

ジャックポットシティ

ウィリアムヒル